思考法

営業をやりたくないと思っている約9割の大学生に思うこと

Pocket

先日、マイナビのアンケートで営業職をやりたいかどうかという質問がありました。
その結果で、どうやら約9割の学生が営業をやりたくないと回答。

そのときのアンケート結果がこちら。

Q.営業ってやりたいですか?それともやりたくないですか?
・やりたくない……88.3%
・やりたい……11.6%

9割近くの学生がやりたくないと回答。やはり営業にはあまりいいイメージはないみたいですね。その理由としてノルマが嫌、コミュニケーションが苦手ということが挙げられていました。ですが、実際の営業という仕事は非常にやりがいのあるものですし、自分自身を成長させるという意味では営業という職はトップクラスではないかと感じています。

営業職に対する見方を少し変えるだけでも、「営業って面白そうな仕事だな」と感じることができます。

ただ、やはり営業職に対するイメージとしては「なんか大変そう」というようなネガティブなイメージが先行していますよね。その主な原因としてあるのが「ノルマ」という単語にあるのではないかと感じています。

そこで今回は「ノルマ」について焦点を当てていきたいと思います。この「ノルマ」についてしっかりと理解すれば、営業を“やりたくない”から“やりたい”に変わるはずです。

そもそもノルマという言葉がいけない

営業 やりたくない

ノルマという言葉について調べてみたところWikipediaにはこうありました・・・

『ノルマとは、半強制的に与えられた労働の基準量であり、大抵の場合時間的強制も付加される』

非常にヤバそうな内容ですね・・・笑 今現在でここまでくると場合によってはパワハラになる可能性がありますね。笑

ただ実際はこのようなことはなくて、ノルマというよりかは「目標」「計画」などと言ったりすることが多いです。ノルマというと24時間365日追求されるというイメージもあるかと思いますが、実際はそんなことはありません。1ヶ月や半年、1年、3年という単位で計画を立てて営業していきます。

確かにノルマが厳しいということもありますが、ノルマが達成できないからって上司から毎日毎日過度に追及され、過労死寸前まで追い込まれるということはまずありません。

ノルマ=死にそうなくらいキツイ

というイメージが先行しがちですが、実際はそんなことはなく、現在は「目標」や「計画」といった意味合いの方が強いですので、そこまで神経質になる必要はないです。

どんな仕事でも目標や計画はある

営業 やりたくない

営業はノルマがキツそうだからといって、事務職や公務員など、営業以外の職種を選んだとしましょう。だとしても、どんな仕事でも目標数値や計画といったものがあります。

例えばクリニックの医療事務の場合でも1日単位ではありますが、その日来た患者さんをしっかりと全員受け付けしないといけません。公務員の場合でも書類の提出期限などが1週間単位であることもあるでしょう。

もっと細かい話になると出勤前に歯磨きをしないといけないというのも1つのノルマといえばノルマです。どこか旅行に行くときも何時にどこに到着して、その後は何時にホテル集合して…など計画を立てますよね。営業ノルマも同じようなイメージです。

それが営業になると1ヶ月や半年、1年単位と少し長くなっただけであって、大切なのは1日1日の訪問だったり、1回1回プロモーションだったりするわけです。それが月末や期末になってギリギリの状態だったりするとちょっと大変ですが。笑

どんな仕事、どんな生活でもノルマのようなものはあって、決して営業だけがノルマがあるわけではありません。営業になると具体的な数字として出てきますが、営業以外でも自分のなかで勝手にノルマのようなものを設定していて、数字としてノルマを表せるものが9割です。

営業だからといってノルマを特別視する必要もないですし、逆に目標や計画がないと、「なんのために営業してるんだ?」という状態にもなりかねませんので、あまりノルマを意識しすぎないほうがいいですね。

営業の魅力についてもう少し考えてみる

営業 やりたくない

あなたはどういったときに幸せを感じるでしょうか?

私は何かを達成したときの達成感満足感を得られたときや、新しい出会いがあり、新しい価値観親近感を感じたとき。なにかに貢献したとき、共通の目標に向かって仲間と切磋琢磨しているとき。こういったときに幸せを感じます。このように幸せを感じられる時間や瞬間を増やしていくことが、究極ですが人生の目的や理想の人生といえるのではないでしょうか。

営業はこれらの幸せに関連する項目を全て網羅しています。その目的を果たす過程にあるのが「目標」だったり「ノルマ」だったりするわけで、決してネガティブなものではありません。

営業は確かに楽な仕事ではありませんが、幸せな人生を送るという意味では非常に魅力的な職種です。その分高いスキルも身に付いてきますし、また新たにやりたいことが見つかったとしても、営業職で培ったスキルは必ず活きてきます。

ノルマがきついという一面だけを見て営業を敬遠するのは非常にもったいないことです。その分得られるものもたくさんあり、それがあなたの人生を豊かにしていくものになっていきます。

もう一度、営業という職種について考えてみてはいかがでしょうか?

 

営業が向いてないと思うのであれば、転職するのも1つの手段

あなたは営業に向いていないと感じたことはありませんか?

正直、営業って大変な仕事ですよね。

得意先の要求にも応えないといけないし、ノルマもキツイし…。

そんな時は転職するのも1つの手段です。

営業が向いていないからといって転職するのは何も悪いことではありません。

むしろ最近は人手不足のところが多いですので、気に入らない仕事を続けるよりも、自分に合った仕事を続けるのが一番です。

私が転職を経験した中で、「このサイトは本当におすすめだな!」と思ったサイトを3つピックアップしましたので、ぜひ登録だけでもしてみるといいですよ。

いっぱいオファーやスカウトが来ますので、その中から自分に合った仕事を見つけてみてくださいね!

営業君.comが勧めるの転職サイトランキング

第1位第1位:ウズキャリ

ウズキャリ

  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上!
  • 書類通過率87%超え!
  • 選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施!
  • 日本で唯一キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒!
  • 一人に充てるサポート(カウンセリング、面接対策、書類添削など)の時間は平均で20時間以上!
  • ブラック企業を徹底排除→ウズキャリから入社された方の定着率は93%以上!

今すぐウズキャリに無料で登録する

第2位:マイナビエージェント

  • 大手のわりには、エージェントが親切
  • 求人案件も多い
  • 非公開案件も多い

今すぐマイナビエージェントに無料で登録する

第3位第3位:イーキャリアFA

  • ソフトバンクグループが運営するイーキャリアの関連転職サイト
  • ビズリーチ同様にエージェントが仕事を探してくれる
  • ビズリーチとは違い、ハイクラス求人ではない求人も豊富

今すぐイーキャリアFAに無料で登録する

 

Pocket

関連記事

  1. 思考法

    失敗が恐い…を一気に解消する方法!―営業マンの不安解消③

    こんにちは。前回、前々回に続き、どんな営業でも不安を解消できる…

  2. 営業 ゴルフ 接待 やりたくない

    思考法

    接待ゴルフはやりたくない人必見!営業マンがゴルフをする4つのメリット

    接待ゴルフにはもう行きたくない!と思っていませんか?そんなふうに思って…

  3. 思考法

    営業マンはやる気が命!ノルマ達成も簡単になる“やる気向上法”とは?

    営業に対するやる気がなかなか上がらないことはありませんか?今回は営業の…

  4. 営業 サボり

    思考法

    営業職の効率のいいサボり方

    営業でなかなか結果が出なくて悩んでいませんか?そんなときは思い切ってサ…

  5. 営業 やりがい

    思考法

    営業にやりがいを感じられるようになる意外な方法とは?

    営業にやりがいを感じないというあなた!やりがいを感じないと落ち込んでば…

  6. 思考法

    営業は口下手でも大丈夫!?上手に喋るより○○の方が大事だった!

    こんにちは。ハルです。お盆休みが明けていかがお過ごしでしょうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去記事

  1. ノウハウ

    売れる営業マンになるために絶対に必要なスキルとは?
  2. コミュニケーション能力 向上 方法 簡単

    ノウハウ

    営業成績が3倍になったコミュニケーション能力向上法とは?
  3. 営業 面接 就職活動 就活

    ノウハウ

    これで受かる!営業未経験の人が面接時に使える志望動機7選
  4. 表彰カップ

    マインド

    入社後4年間1度もノルマを落とさず、2年連続2度目の全社表彰受賞!
  5. 思考法

    営業ノルマも楽になる!?きついノルマに対する意外な思考法とは?
PAGE TOP